pq0の日記

神奈川在住26歳男性フリーターです、現在の関心事は倹約・買物・就職・読書・掃除・ダイエット・ヒゲ脱毛等。湘南美容でヒゲ脱毛してる。

基本情報の受験と

平成29年度秋季基本情報技術者試験を受けてきた。

大学前のコンビニに行ったら長打の列で凄かった。

混むだろうと想像していたけど想像以上だった。

これからは地元で買うようにします。

 

応用情報技術者や他の試験も重なって結構な人数が来ていた。

午前問題はいつも通りの感覚で分からないような問題が20問ちょっとで他は大丈夫かなくらいの手ごたえだったので終了1時間前に退出。

天気が雨のせいで午前問題を終わらせて早めに部屋を退出しても座る場所がなかった。屋内のベンチはどこも埋まっている状態。

仕方がなく、受験教室の前でコンビニで買ったスニッカーズを齧ってスマホをいじっていると前に誰かが仁王立ちのような格好で立っていて「やばい奴か?関わったらまずい」と思っていたけど、ふと目を上げると、なんと高校時代の友人だった。

同じ受験会場・教室で顔は見れなかったが、自分の後ろ姿を見て認識してくれたようだった。受験会場が重なってさらに教室が一緒でなかったらこんな偶然はなかった。

8年ぶりの再会。

高校時代仲が良かったトップ3に入るだろう奴だったんだけど、なんか疎遠になってしまっていた。

LINEの交換をして、昼飯を食べに行きいろいろと話して盛り上がった。彼はシステムエンジニアになって2年目らしい。

が、こんなイレギュラーなことは想定していなかった。

ちょっと興奮して浮かれてしまって焦った。

 

そして午後の受験

問題を開いて早速セキュリティ問題「あれ?なんだかむずい?」という感覚でヤバいとなった。

選択問題は自分がいつも解いていた

3 データベース

5 ソフトウェア設計

6 サービスマネジメント

7 システム戦略

これらを選んだ。

けどデータベースとソフトウェア設計がよく分からなかった。

なんかいろいろと解いているうちに時間はなくなるわ焦る焦る。

そしてどうしても膀胱に限界が来て、トイレ退出が出来るか手を挙げて尋ねてみると、行けた。

あとで気づいたけど問題冊子の裏に「試験時間中にトイレへいきたくなったり、気分が悪くなったりした場合は、手を挙げて監督員に合図をしてください。」との一文が。

この一文があるからトイレで途中退出が出来るかは別として、でも本当にトイレに行かせてくれて助かった。

もうトイレに行けなかったら適当にマークして提出しようと思っていたぐらい限界だった。

試験監督員の大学生と思われる男性がカンニング対策としてトイレまで付き添ってくれた。でも死角で待っていてくれたから悪い奴はそこを付けるのかもなんて。

 

そしてトイレを済ませてアルゴリズム表計算に取り組んだ。

アルゴリズムは分かりそうで分からなそうで分かりそうで・・・ってな感じのまだ簡単な方?かなと思った。

でも時間がねえ。

表計算・・・ややこしい!時間がないし、何を書いているかうまく理解できなかった。けどマクロは比較的容易?かも。

でもやはり時間に追われたのもあって十分に内容は理解できず・・・。

 

で終わってあーこれアカンやつだ、めっちゃ運良く適当に選んだ奴が合っていて合格というもう諦めだった。

帰りに上の友人と飯を食って解散。

いやー楽しかった。いや楽しむより合格しろと思うわ。

 

TACだかの解答速報が翌日に出ると聞いて今日は基本情報から解放されて寝るかと思っていたら当日にIPAが解答を公表したからダメもとでチェックした。嫌なことから逃げてもどうせ明日にはと思ったからしょうがない。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2017、平成29年)

 

午前は多分54問正解で67.5点。いちおうホッとした。

午後はセキュリティの解答みて察した。まさかの全問不正解だった。

データベースとソフトウェア設計もろくにあっていなかった。

サービスマネジメントは時間を食われた計算問題だったのにどこかミスが出て間違いが。

システム戦略は1問ミス。

アルゴリズムは自分にしては良いほうで半分あってた。

表計算は6問中2問しか合ってなかった。

ああ、どう都合よく採点されても50点といったところか・・・。

自分も合格率を下げるための1人に過ぎなかった。

 

 

再挑戦するか・・・?

また基本情報を勉強するのもうんざりするので飛び級して応用情報の勉強をしようと目論んでいる。

 

その前に大人しく明日から就職活動します。

長くなったからまた思ったことは明日以降。

 

基本情報の受験と

平成29年度秋季基本情報技術者試験を受けてきた。

大学前のコンビニに行ったら長打の列で凄かった。

混むだろうと想像していたけど想像以上だった。

これからは地元で買うようにします。

 

応用情報技術者や他の試験も重なって結構な人数が来ていた。

午前問題はいつも通りの感覚で分からないような問題が20問ちょっとで他は大丈夫かなくらいの手ごたえだったので終了1時間前に退出。

天気が雨のせいで午前問題を終わらせて早めに部屋を退出しても座る場所がなかった。屋内のベンチはどこも埋まっている状態。

仕方がなく、受験教室の前でコンビニで買ったスニッカーズを齧ってスマホをいじっていると前に誰かが仁王立ちのような格好で立っていて「やばい奴か?関わったらまずい」と思っていたけど、ふと目を上げると、なんと高校時代の友人だった。

同じ受験会場・教室で顔は見れなかったが、自分の後ろ姿を見て認識してくれたようだった。受験会場が重なってさらに教室が一緒でなかったらこんな偶然はなかった。

8年ぶりの再会。

高校時代仲が良かったトップ3に入るだろう奴だったんだけど、なんか疎遠になってしまっていた。

LINEの交換をして、昼飯を食べに行きいろいろと話して盛り上がった。彼はシステムエンジニアになって2年目らしい。

が、こんなイレギュラーなことは想定していなかった。

ちょっと興奮して浮かれてしまって焦った。

 

そして午後の受験

問題を開いて早速セキュリティ問題「あれ?なんだかむずい?」という感覚でヤバいとなった。

選択問題は自分がいつも解いていた

3 データベース

5 ソフトウェア設計

6 サービスマネジメント

7 システム戦略

これらを選んだ。

けどデータベースとソフトウェア設計がよく分からなかった。

なんかいろいろと解いているうちに時間はなくなるわ焦る焦る。

そしてどうしても膀胱に限界が来て、トイレ退出が出来るか手を挙げて尋ねてみると、行けた。

あとで気づいたけど問題冊子の裏に「試験時間中にトイレへいきたくなったり、気分が悪くなったりした場合は、手を挙げて監督員に合図をしてください。」との一文が。

この一文があるからトイレで途中退出が出来るかは別として、でも本当にトイレに行かせてくれて助かった。

もうトイレに行けなかったら適当にマークして提出しようと思っていたぐらい限界だった。

試験監督員の大学生と思われる男性がカンニング対策としてトイレまで付き添ってくれた。でも死角で待っていてくれたから悪い奴はそこを付けるのかもなんて。

 

そしてトイレを済ませてアルゴリズム表計算に取り組んだ。

アルゴリズムは分かりそうで分からなそうで分かりそうで・・・ってな感じのまだ簡単な方?かなと思った。

でも時間がねえ。

表計算・・・ややこしい!時間がないし、何を書いているかうまく理解できなかった。けどマクロは比較的容易?かも。

でもやはり時間に追われたのもあって十分に内容は理解できず・・・。

 

で終わってあーこれアカンやつだ、めっちゃ運良く適当に選んだ奴が合っていて合格というもう諦めだった。

帰りに上の友人と飯を食って解散。

いやー楽しかった。いや楽しむより合格しろと思うわ。

 

TACだかの解答速報が翌日に出ると聞いて今日は基本情報から解放されて寝るかと思っていたら当日にIPAが解答を公表したからダメもとでチェックした。嫌なことから逃げてもどうせ明日にはと思ったからさ。。。

午前は多分54問正解で67.5点。いちおうホッとした。

午後はセキュリティの解答みて察した。まさかの全問不正解だった。

データベースとソフトウェア設計もろくにあっていなかった。

サービスマネジメントは時間を食われた計算問題でどこかミスが出て間違いが。

システム戦略は1問ミス。

アルゴリズムは自分にしては良いほうで半分あってた。

表計算は6問中2問しか合ってなかった。

ああ、どう都合よく採点されても50点といったところか・・・。

自分も合格率を下げるための1人に過ぎなかった。

 

 

リベンジするか・・・?

また基本情報を勉強するのもうんざりするので飛び級して応用情報の勉強をしようと目論んでいる。

 

その前に大人しく明日から就職活動します。

長くなったからまた思ったことは明日以降。

 

試験前のあの感覚

なんかもう良いやいくらやっても出てくる問題次第でしょ

焦っても無駄でしょ、もう寝ようと

今回の基本情報技術者試験でもある意味悟ったような感覚が出てきている。

この感覚は中高大から現在まで試験関係でずっと経験しているものなんだけれど、まるで成長していない。

本当にたまにこの感覚でも良い結果が出てくるからやってしまうのだろう。簿記2級の合格とかも試験前はこんな感じだったと思う。

でも大抵は学校の試験で100点満点中50-60点みたいな微妙な結果になるパターン。

こうやってズルズル来てフリーターニートになってしまったんだ・・・。

後悔してもしょうがないけれどねえ。

結果がどうであれさすがにもうそろそろ就職する気ではいるけれど、また履歴書とか書類を作ったり面接で嫌な思いをすると思うと今から憂鬱で仕方がない。

12回目のヒゲ脱毛

7月27日ぶり以来のヒゲ脱毛をしてきた。

2か月以上開けたのは初めて。

鼻下のヒゲは2か月も空ければまだ結構しぶとく生える。毎日剃ってもカミソリ負けしそうなくらい。

顎は少ない。

ヒゲ脱毛の前は鼻毛の処理もしていく。

セーフガード付きのカミソリを鼻の穴に突っ込んで回すように剃る。

昔、もう5年とか前か、ふと鏡を見たら鼻毛が1本飛び出しているのを見てしまったときから3週間に1度くらいの割合で上のやり方で鼻毛の処理をしている。鼻毛カッターは使ったことない。

 

でもヒゲ脱毛の時はアイガードで目隠しして、完全に看護師に無防備に顔を晒すわけだから、結局どこかしら顔の気になる部分に注目されているのだろうとは思う。逆に「あ、こいついっちょまえに鼻毛の処理してんな。」と看護師に思われているのかもしれない。

 

働いているとき上司と話していてもっさりと鼻毛が見えていたけれど言えなかったなあ。

話しやすい良い人だったけれどなかなか鼻毛のことは指摘できない。

その人は既婚者だったから嫁が注意してほしい。

他人が指摘しにくい体臭のこととか鼻毛とかなんとか自分で気づかないといけないと思う。

 

そろそろ試験も近いし昼夜逆転を直したい。

厳密にはもう昼夜逆転じゃないかもしれない。

最近は19時とかに寝て27時くらいに起きるみたいな生活してる。

24時に寝て7時に起きたい。

TAC基本情報技術者試験の模試結果が出たよ

午前がちょうど60点

午後が50.50点だった。

f:id:pq0:20171004075351j:plainf:id:pq0:20171004075400j:plain

 

アルゴリズム0点 

自己採点の時点で分かっていたけれど、悲しいなあ・・・。

アルゴリズム以外は比較的簡単かと思われる内容でこれだから本番が怖い。

アルゴリズム表計算のマクロをどうにかしないと。

申し込み者数が3,371人もいて受験したのが(午後)僅か828人。

申し込んだのに受験しないの勿体ない。

TAC在校生は2000円で部外者は4000円。

 

受験票が届いた

基本情報技術者試験の希望受験会場を横浜にしたら、相模原の麻布大学が受験会場になった。

希望受験会場を東京にしていたらどこになっていたのか気になる。

最寄り駅は矢部駅か・・・行ったことない。

移動時間30~40分かなあ。

 

 

 

 

スーパーカブが日本製になるんだ

www.sanspo.com

詳細はまだだけど、4年前GROMを買うときに日本製が作られていたらスーパーカブ110を買っていたと思う。

このニュースを知った時に欲しいとすぐさま思ったけど、GROMから買い替えるなら、さらに気楽な自転車という選択肢も出来ているしなあ。

 

今年の2月に図書館で予約した又吉直樹の『火花』を昨日ようやく順番が回ってきて借りられたので読んだ。

今は文庫版が出て利用者がそっちに流れたのもあってだいぶ予約者数落ち着いたけど。

読み切ったので明日には返します。